壁や床への損傷

単身の引越しを一人で行う場合だと重い荷物も自分で運ぶことになります。荷物が本当に少ない場合なら問題ないでしょうが、人によってはたくさんの荷物があるケースもありますし、重い家具家電を運ぶようなこともあるでしょう。一人で重量物を運んでいるときにアパートやマンションの壁にぶつけてしまった、床に傷をつけてしまったということはよくあることです。

傷ちょっとした傷なら大したことないかもしれませんが、重量物を勢いよくぶつけてしまうと壁に大きな穴が空いてしまったり、床に大げさな傷がついてしまうことも考えられます。こうなると別途修理費用が発生するようなこともありますし、余計なお金が飛んでいくことになります。こうしたことはよくありますから注意しなくてはなりません。

特に今流行りのゼロゼロ物件などの場合は敷金が不要な代わりに退去時少しでも傷がついていたら弁済というケースがほとんどです。引っ越し中に壁や床を損傷させてしまった場合でも例外なく弁済する必要性が出てきますから、痛い出費になってしまうことは間違いないでしょう。重量物を一人で運ぶときは十分注意しなくてはなりませんし、難しい場合は誰か友人でも呼んで手伝ってもらいましょう。